見た映画を順に載せる

*このブログは作品の内容に著しく触れることがあります。ご注意下さい*
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 恋するベーカリー | main | アパートの鍵貸します >>
8 1/2
評価:
---
紀伊國屋書店
¥ 3,043
(2010-01-30)

JUGEMテーマ:洋画 

この映画のために一旦帰宅したのだ。

関連データ

   * * * 

オープニングからしばらくの間、見た事のあるシーンが続く。
ということは、実は2回目なんだろうか。
いや、「8 1/2」と意識した見るのは今日が初めてのはずなのだ。
しかも、かつて見た時のシーンとはどうも違う。
リメイクしたような印象なのだ。
といくら脳味噌を絞ってもそれがなんだったのかは全く思い出せないままだった。
もしかしたら深夜の映画番組でちらっと見たのかもしれない。

この映画には二人の美女が登場する。もちろん二人しか出てこないのではなく、大勢の美女が出てくるのだが、そのなかでも特に二人。
一人は、アヌーク・エーメ(Anouk Aimée, 1932年4月27日)

もう一人は、クラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale, 1938年4月15日)

特にクラウディアがはじめて登場するシーンは、3年前のアカデミー賞で外国語映画賞50周年を記念して、過去50年の外国語映画賞受賞作品をコラージュしたフィルムを流した。
この一編の映画作品のような美しいコラージュは「ニューシネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の手によるものだ。このコラージュのオープニングを飾ったのが「8 1/2」でクラウディアが初めて登場するシーンなのである。
You Tubeで探してみたけど見つからなかったので、もし見つかったらここに載せてみたい。





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK