見た映画を順に載せる

*このブログは作品の内容に著しく触れることがあります。ご注意下さい*
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< きみがぼくを見つけた日 | main | ホリデイ >>
ペーパー・ムーン
評価:
ピーター・ボグダノヴィッチ,アルヴィン・サージェント
パラマウント ジャパン
¥ 3,500
(2005-03-25)

原題:Paper Moon(1973)
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
出演:ライアン・オニール、テイタム・オニール
モノクローム


   * * *

当時10歳でテイタム・オニール(Tatum O'Neal)が助演女優賞を受賞した最年少受賞記録が未だに破られていないと言う一点であまりに有名な映画。

テイタム・オニールは1963年11月5日生まれで今では46歳となっている。映画出演ではこの『ペーパー・ムーン』と1976年に発表された『がんばれ!ベアーズ』くらいで大人になってからはテニス・プレーヤーのジョン・マッケンローと結婚したということで話題を呼んだが、その後はさっぱり。

(詳しい感想は後日の予定)


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://m-moviediary.jugem.jp/trackback/50
TRACKBACK